fbpx

【トレーニングノートの書き方編⑥~書くタイミングで効果が違う】望月康宏(スポーツ・メンタルトレーニングコーチ)

【トレーニングノート、書き方で効果が違う?~

前回まではログブックを進める上での下準備を紹介してきました。

※前回までの「トレーニングノート」のブログ↓

今回からは、

実際にログブックの書き方を説明していきます!

・書くタイミングや場所は?

まず、

スタートは練習や試合の振り返りを書きます。

なので、

書くタイミングとしては「練習後」に行います。

練習後にすぐ書いても良いですし、

帰宅してから、

または寝る前に書きましょう!

おススメなのは

リラックスしているときがベストです。

練習や試合を振り返るとき「イメージ」を行います。

人は緊張・興奮しているときよりも

リラックスしているときの方が「イメージ能力」が

2~80倍高まると言われています。

是非リラックスできる場所やタイミングで行いましょう。

自分の部屋だと落ち着くと思います。

ですが、

部屋が整理整頓できてないと落ち着かず集中できないことがあります。

普段から、

イメージしやすい環境を作っていく工夫をしましょう!

・目標達成までの進行度合いをチェックしよう!

その日の日付、天候、体調を記入したら

「目標達成までのカウントダウン」を記入しましょう。

ただなんとなく「全国優勝」

よりも

「決勝まであと90日」と

数字を記入した方が

現実的にどんな準備をしていけば目標を達成できそうか

イメージが湧いてきます。

目標を達成するための「今月の目標」、

そして「今週の目標」を考えていきましょう!

それぞれの達成度が100%近くなれば

目標達成に近づいているのを実感しやすくなります。

実感できるとより練習へのモチベーションも上がっていきます。

モチベーションが上がれば練習の質も更に高まるでしょう!

次回は練習や試合の内容の振り返りについて解説していきます。

ご朗読いただきありがとうございました。

望月康宏

・・・

トレーニングノートは練習やトレーニング、試合の直後に

書くのがオススメです。

指導者やトレーナーの方は

練習時間や指導時間の確保も大事ですが、

チームとして、

余裕を持って振り返れる時間を

しっかりと確保してあげる事も重要です。

これも、

重要な練習であり、トレーニングです。

結果的には、

練習やトレーニングの効果が高まります。

・・・

スポーツメンタリスタでは「基礎講座」や「認定講習」を行っています!

認定講習詳細と日程

 

スポーツ・メンタルトレーニングは、

「スポーツ心理学の研究に基づいた、

     科学的な根拠・裏付けがあるもの」です。

【スポーツメンタリスタ】では、

このスポーツ・メンタルトレーニングが

学べて使えるノウハウにしています。

「CHALLENGE&DEVELOPMENT」

 スポーツメンタリスタ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スポーツメンタリスタでは「スポーツメンタルトレーニング」を

正しく理解し現場に広めていける仲間を募集しています!!

各地で「基礎講座」や「認定講習」を開催しています!! 

是非ご参加ください!!

スポーツメンタリスタとは?

Contact

お問い合わせ

TOPへ